Websites

Hata Ken

自分の作った音楽を認めてもらうということは、なかなか難しいものです。適切なオーディエンスに曲をかけてもらうためには、それだけの努力が必要です。あまりにも多くのブロガーや編集者、その他大手メディア関係者が、頼みもしないのにいくつものバンドからメールが送られてくることに不満を持っていると耳にしたことはないでしょうか?そのため、自分の曲を認めてもらうために、どこから足を踏み入れたらいいのか分からなくなってしまいます。